Pips単位で線を表示
PipsGrid

MT4でグリッドを表示するインディケーターです。

任意のPips単位で線を引きますので、相場の変動状況が一目で分かります。

▼チャートイメージ

相場の値動きが小さい(横グリッドの間隔が広い)

相場の値動きが大きい(横グリッドの間隔が狭い)

PipsGridの特徴

1.設定が簡単

細かい設定は、ほとんど必要ありません。

チャートを表示して、PipsGridをダブルクリックするだけで、ほとんどのMT4で表示されます。


2.指定のPips単位で横グリッドが表示されるので、相場の変動が分かりやすい

標準の縦グリッドは、画面サイズに対して、一定の間隔で引かれてしまい細かい値動きなのか、大きな値動きなのか分かり難いことがあります。このツールでは、指定のPips単位ごとにグリッドが引かれますので、相場が大きく振れている場合には、グリッド幅が狭くなり、小さく振れているときにはグリッド幅が大きくなります。

初期設定では、10pips、30M以上は、50pips、D1以上は100pipsとなっていますが、パラメタで変更できます。


3.縦グリッドが自動調整で常に見やすい

チャートを見ていれば、拡大したり、縮小したり、時間を変えたりと大きさが変わることがありますが、その度にサイズを調整しているのも面倒な作業です。

このツールでは、そのチャートの大きさに合わせて、表示間隔が調節されて、バランスの良い縦グリッドが表示されます。

実際に動いている動画をご覧ください

オレンジの横線が、pips間隔で引かれたグリッドです。
標準のグリッドは消してあります。

チャートの拡大縮小でも時間足を変えても、指定されたpips間隔と最適化した縦グリッドで表示されることをご確認ください


機能的な説明になりますが、設定画面はこちらです。


線の色:横グリッドの色
線のスタイル:横グリッドの線種、点線Dot、実線Solidなど線を太くすると実線のみ
線の太さ:横グリッドの太さ、細い1-3太い
線の本数:横グリッドに表示する線の本数を指定します。細かい単位で線を引く場合には、数を増やしてください。

線の間隔1M~MN:それぞれの時間足で表示間隔(pips)を設定することができます。

縦グリッドライン:縦グリッド表示の有無
縦グリッドの最大数:グリッドを表示する線の本数
※縦グリッドの色は、標準グリッドと同色となります。チャートの背景などを変更した場合には、設定画面を開くなどで再表示させて下さい。


商品詳細

▼ 商品内容
インディケーターファイル
サポートページ:導入方法、パラメタ設定、注意事項等(1ページ程度)
メールサポート:ご購入から3ヶ月間、回数無制限
※投資助言に該当するサポートは行えません

▼ 動作環境
Windows版 MT4 build 1170、MT5 bild 2310 以上、Windows 7、8、8.1、10対象(※iOS、Android、Macでの動作は未確認となり対象外です)CPU 2.0GHz以上 / メモリ容量 4GB以上 / インターネット環境
※汎用的に動作するシステムとなっておりますが、全てのFX業者で動作を保証するものではありません。テストはMetaQuotes社のデモ口座で行っております。


1500円

お申込みはこちら


ダウンロード版
ご注文後、入金が確定しましたら、案内メールの指示に従い商品本体をダウンロードして下さい。

銀行振り込み、クレジットカード決済、BitCash決済、郵便振替、コンビニ振替、ちょコムeマネーよりご選択頂けます。

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。信用取引やFXは価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。信用取引やFXには取引業者の売買手数料がかかります。また、本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。




ページの先頭へ | 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー
Copyright (C) PipsGrid All Rights Reserved.